ここでは称号・段審査に関する全剣連規則の中から受審者に必要と思われる項目を抜粋して紹介します。
あわせて県剣連の称号審査受審資格に関する資格について紹介します。


【称号の審査について】

(付与基準)
第8条 称号は、錬士、教士および範士とし、それぞれ次の各号の基準に該当する者に与えられる。
 1 錬士は、剣理に練達し、識見優良なる者
 2 教士は、剣理に熟達し、識見優秀なる者
 3 範士は、剣理に通暁、成熟し、識見卓越、かつ、人格徳操高潔なる者

(受審資格)
第9条 称号を受審しようとする者は、加盟団体の登録会員であって、次の各号の条件を満たさなければならない。
 1 錬士 六段受有者で、六段受有後、別に定める年限を経過し、加盟団体の
       選考を経て加盟団体会長より推薦された者
       受審資格:六段受有後1年を経過した者
 2 教士 錬士七段受有者で、七段受有後、別に定める年限を経過し、加盟団体の
       選考を経て加盟団体会長より推薦された者
       受審資格:七段受有後2年を経過した者
 3 範士 教士八段受有者で、八段受有後、8年以上経過し、加盟団体の選考を経て
       加盟団体会長より推薦された者、ならびに全剣連会長が適格と認めた者
A 五段受有者で、加盟団体の選考において、第8条第1号の基準に達していると認められ、特に加盟団体会長より推薦された者は、前項第1号の規定にかかわらず、錬士の称号を受審することができる。
       受審資格:五段受有後10年以上を経過し、かつ年齢60歳以上の者 

【称号審査の方法】

1.錬士の審査
(1)錬士を受審しようとする者の備えるべき要件。
  @ 剣道実技の修練を続けている者
  A 剣道の指導的立場にある者として、社会的見識に富み、健全な社会生活を
     営む者
  B 加盟団体が行う講習を受け、錬士として必要とされる、日本剣道形、審判法、
     指導法等の知識、実技について能力の認定を受けていること。
    (全剣連が指定する講習を受講し、終了の認定を受けた者、または全剣連が
     行う社会体育指導者資格中級の認定を受けた者は、上記Bの認定の全部
     または一部を省略することができる)
 《神奈川県剣道連盟受審資格》 
 ◎六段受有者で、六段受有後1年を経過した者
  @ 受審申し込み以前1年間に神奈川県剣道連盟主催以上の講習会に参加認定を
    受けた者
    日本剣道形・審判法 各3回以上  指導法(合同稽古会)5回以上
  A 審判員として2回以上(支部大会以上)(中体連地区予選大会は不可)
 ◎五段受有者で、五段受有後10年以上を経過し、年齢60歳以上の者
  @ 受審申し込み以前1年間に神奈川県剣道連盟主催以上の講習会に参加認定を
    受けた者
    日本剣道形・審判法 各3回以上  指導法(合同稽古会)5回以上
  A 審判員として2回以上(支部大会以上)(中体連地区予選大会は不可)
 ◎全剣連社会体育指導者資格(中級)認定者のうち、全剣連より特に成績優秀者として
  神奈川県剣道連盟に通知のあった者に対し、日本剣道形講習会を免除する。ただし、
  審判法3回以上、指導法(合同稽古会)5回以上は県の講習会に参加認定を受けた者。
  審判員として2回以上(支部大会以上)(中体連地区予選大会は不可)
 ●県予備審査会
  @ 審判実技審査
  A 日本剣道形(打太刀・仕太刀)

(2)錬士を受審しようとする者は、別に定める申請書(自筆)に全剣連が出題する小論文
  (自筆)を添え、加盟団体に提出する。
(3)加盟団体会長は、上記(1)の要件に該当すると認めた者について、推薦書に申請書
  と小論文を付して全剣連会長に候補者として推薦する。
(4)全剣連会長は、審査員を委嘱し、候補者の小論文を採点のうえ、審査会に付議して
  合否を決定する。
(5)規則第9条第2項による錬士の受有者に対しても、上記の要領により審査を行う。
(6)審査は通常年2回実施する。

2 教士の審査
(1)教士を受審しようとする者の備えるべき要件。
  @ 剣道実技の修練を続けている者
  A 錬士以下を指導する立場にある者として、社会的見識に富み、健全な社会生活を
    営む者
  B 全剣連または加盟団体が行う講習を受け、教士として必要とされる、日本剣道形、
    審判法、指導法等の知識、実技について能力の認定を受け、かつ、剣道の指導および
    審判の経験を有する者
   (全剣連が指定する講習を受講し、終了の認定を受けた者、または全剣連が行う社会
   体育指導者資格上級の認定を受けた者は、上記Bの認定の全部または一部を省略す
   ることができる)
 《神奈川県剣道連盟資格》 
 ◎錬士七段受有者で、七段受有後2年を経過した者
  @ 七段受有後、審査申し込み以前1年間に神奈川県剣道連盟主催以上の講習会に
    参加認定を受けた者
    日本剣道形・審判法 各3回以上  指導法(合同稽古会)5回以上
  A 指導歴を提出(各支部会長の承認が必要)
 ◎全剣連社会体育指導員資格(上級)認定者のうち、全剣連より特に成績優秀者として
  神奈川県剣道連盟に通知のあった者に対し、日本剣道形講習会を免除する。ただし、
  審判法3回以上、指導法(合同稽古会)5回以上は県の講習会に参加認定を受けた者。
 ●県予備審査会
  @ 審判実技審査
  A 日本剣道形の何本目かを指定し、解説・実施させる。

(2)教士を受審しようとする者は、別に定める申請書(自筆)を加盟団体に提出する。
(3)加盟団体会長は、上記(1)の要件に該当すると認めた者について、推薦書に申請書
  と小論文を付して全剣連会長に候補者として推薦する。
(4)全剣連会長は、審査員を委嘱し、候補者に対し日本剣道形・審判法・指導法・剣道の
  一般教養に関する筆記試験を行い、試験結果を審査会に提出し合否を決定する。
(5)審査は通常年2回実施する。 


【段位の審査について】

(付与基準)
第14条 段位は、初段ないし八段とし、それぞれ次の各号の基準に該当する者に与えられる。
 1 初段は、剣道の基本を修習し、技倆良なる者
 2 二段は、剣道の基本を習得し、技倆良好なる者
 3 三段は、剣道の基本を修練し、技倆有なる者
 4 四段は、剣道の基本と応用を修熟し、技倆優良なる者
 5 五段は、剣道の基本と応用に錬熟し、技倆秀なる者
 6 六段は、剣道の精義に錬達し、技倆優秀なる者
 7 七段は、剣道の精義に熟達し、技倆秀逸なる者
 8 八段は、剣道の奥義に通暁、成熟し、技倆円熟なる者

(受審資格)
第16条 段位を受審しようとする者は、加盟団体の登録会員であって、次の各号の条件を満たさなければならない。
 1 初段 一級受有者で、満13歳以上の者(審査当日を基準)
 2 二段 初段受有後1年以上修業した者
 3 三段 二段受有後2年以上修業した者
 4 四段 三段受有後3年以上修業した者
 5 五段 四段受有後4年以上修業した者
 6 六段 五段受有後5年以上修業した者
 7 七段 六段受有後6年以上修業した者
 8 八段 七段受有後10年以上修業し、年齢46歳以上の者(審査当日を基準)
A 次の各号のいずれかに該当し、加盟団体会長が特段の事由があると認めて許可した者は、前項の規定にかかわらず当該段位を受審することができる。
1 二段ないし五段の受審を希望し、次の年齢に達した者

受審段位  年  齢  
二 段 35歳
三 段 40歳
四 段 45歳
五 段 50歳

2 初段ないし五段の受審を希望し、次の修業年限を経て、特に優秀と認められる者

受審段位 修業年限
初 段 一級受有者
二 段 初段受有後三か月
三 段 二段受有後1年
四 段 三段受有後2年
五 段 四段受有後3年

3 六段ないし八段の受審を希望し、年齢60歳以上で、次の修業年限を経た者

受審段位 修業年限
六 段 五段受有後2年
七 段 六段受有後3年
八 段 七段受有後5年

【段位審査の方法】

1.五段以下の実技審査は、規則第14条に定める付与基準に基づくほか、特に下記の項目を着眼点として、当該段位相当の実力があるか否かを審査する。ただし、審査の方法は、加盟団体の実情に応じて、それぞれが定める実施要領により行う。
(1)初段ないし三段
  @ 正しい着装と礼法
  A 適正な姿勢
  B 基本に則した打突
  C 充実した気勢
(2)四段および五段
  初段ないし三段の着眼点に下記の項目を加えたもの
  @ 応用技の錬熟度
  A 鍛錬度
  B 勝負の歩合

2.六段ないし八段の実技審査は、初段ないし五段の着眼点に加え、下記の項目について、更に高度な技倆を総合的に判断し、当該段位相当の実力があるか否かを審査する。
  @ 理合
  A 風格・品位

3.形審査における日本剣道形の実施本数は次のとおりとする。ただし、初段および二段については、本数を示しており、加盟団体が太刀の形の中から選択し課すことができる。

受審段位 日本剣道形の審査本数
初 段  太刀の形3本
二 段  太刀の形5本
三 段  太刀の形7本
四 段  太刀の形7本と小太刀の形3本
五 段  太刀の形7本と小太刀の形3本
六段ないし八段  太刀の形7本と小太刀の形3本

4.五段以下の筆記試験は、当分の間、加盟団体の定めた方法によって行う。


トップページへ戻る