横須賀剣道連盟会則

平成7年4月1日改正
平成24年4月1日改訂

第一章 名称および組織

第1条
  本会は横須賀剣道連盟(以下「横剣連」という)と称する。

第2条
  本会の事務所は通常横剣連の理事長宅に置く。ただし、本会の運営上特に必要があり、理事会で決定した場合は他に置くことができる。

第3条
  本会は、全日本剣道連盟(以下「全剣連」という)の主旨に従い、かつ、神奈川県剣道連盟(以下「県剣連」という)の支部として剣道の普及、発展に寄与すると共に、会員の心身の鍛錬、人格の陶冶、剣技の習熟、及び相互の親睦を図ることを目的とする。

第二章 組   織

第4条
  本会の会員は、横須賀市、三浦市、及び三浦郡に在住、在勤、又は在学する者で、第3条の主旨に賛同する者に限る。

第5条
  本会の会員を次の区分により、「通常会員」と「賛助会員」に分ける。
    1.通常会員は所定の入会手続きを行い、別表1に定める会費を納めた者とする。ただし、通常会員は二つの剣道連盟に加入することはできない。
    2.賛助会員は本会の目的を賛助し、本会の発展に尽力し、又は尽力しようとする者で、常任理事会の推薦を受けた者とする。ただし、第4条及び第5条1のただし書、並びに第6条については適用しないものとする。

第6条
  通常会員は、本会に所属し、全剣連及び県剣連の会員となり、剣道、又は杖道、居合道の級位、段位の審査、称号の推薦を受け、その資格を取得することができる。又、各種の剣道大会に出場する推薦を受けることができる。

第三章 事   業

第7条
  本会は第3条の目的を達成する為、次の事業を行う。
    (1)定期剣道大会の開催
    (2)剣道の練成大会、及び研究、講習会の開催
    (3)剣道の普及に関する事項
    (4)段、級の審査会の開催
    (5)各種剣道大会に選手派遣
    (6)その他、必要と認める事業

第四章 役   員

第8条
  本会に次の役員を置き、会務の運営に当てる。
      会   長       1名
      副 会 長       若干名
      理 事 長       1名
      会   計       2名
      顧   問       若干名
      相 談 役       若干名
      監 査 役       2名
      常任理事       理事の3分の1
      理   事       若干名
      審 議 員       若干名
      審 査 員       若干名
      査問委員       若干名
      市体育協会評議員 2名
      同 理 事       1名
      県剣連理事      1名

第9条
  役員の業務は概ね次のとおりとする。
    1.会長は本会を代表し、これを統轄する。
    2.副会長は会長を補佐し、会長不在の時はこれを代行する。
    3.理事長は会長の指示を受け、委員を統括し、常時会務の企画、立案、実施等全般を処理する。
    4.会計は会長の指示を受け、金銭の出納を担当する。
    5.顧問は随時会長の諮問に応ずるものとする。
    6.相談役は理事会の求めに応じ、会の運営に参画するほか、随時理事長の相談に応ずるものとする。
    7.監査役は会長の命に従い、随時会計業務を監査する。
    8.常任理事は常任理事会を構成し、会長の命により会務を審議し、かつその実施に当たる。
    9.理事は理事会を構成し、会長の命により会務を審議し、かつその実施に当たる。
   10.審議員は審議員会を構成し、会長の命により、剣道、杖道、居合道の称号、段位の推薦、及び本会の重要事項についての審議に当たる。
   11.審査員は審査員会を構成し、会長の命により級位の審査に当たる。
   12.査問委員は査問委員会を構成し、実情の調査、及び処分についての審議に当たる。
   13.市体育協会評議員及び理事は本会を代表し、横須賀市体育協会の役員となる。
   14.県剣連理事は本会を代表し、県剣連の役員となる。
   15.各種委員は一業務毎に随時理事会の推薦、又は会長の指名により委員会を構成し、会務の審議に当たる。

第10条
  第8条に定める役員の選出方法は概ね次のとおりとする。
    1.会長、副会長、理事長は選考委員(剣道教士以上)会で推薦された者を、常任理事会の投票により決定する。
    2.会計は、会長の推薦により理事会の承認を得た者を会長が指名する。
    3.顧問及び相談役は、会長が推薦し理事会の承認を得るか、又は理事会において推薦された者を会長が委嘱する。
    4.理事は、会長の推薦及び理事選考委員会において承認を得た者を会長が指名する。
    5.常任理事は、会長が推薦し、理事会において承認された者を会長が指名する。
    6.審議員は、審議員選考委員会において特に推薦された者を理事会の承認を得て会長が指名する。
    7.審査員は、審査選考委員会において特に推薦された者を理事会の承認を得て、会長が指名する。
    8.査問委員は会長が指名する。
    9.理事選考委員等、各種の選考委員は会長が推薦し、常任理事会の承認を得て会長が指名する。
   10.市体育協会評議員及び理事、並びに県剣道連盟理事は会長が指名委嘱する。

第11条
  役員の任期は2年とし、再選は妨げない。ただし、顧問、相談役、市体育協会評議員、理事及び県剣連理事はその限りではない。また、各種委員は担任業務の完了毎に解消するものとする。
    1.補欠、補充の任期は前任者の残存期間とする。
    2.役員は任期満了後であっても後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

第五章 会   議

第12条
  本会の会議は総会(全理事、及び理事不在の団体は代表者1名)、理事会、常任理事会、審議員会、各種委員会とする。

第13条
  総会は毎年1回概ね4月中に会長がこれを召集し、事業の成果及び会計報告を行うほか重要議題を審議する。

第14条
  理事会は必要に応じ随時に会長、又は理事の過半数の要請がある場合に会長がこれを召集し会務を審議する。

第15条
  常任理事会は急を要する場合、或いは会長が必要と認めた場合に会長がこれを召集する。ただし、この会議において決議された事項は理事長が速やかに理事会に通報するものとする。

第16条
  審議員会は会長が招集し、表彰、称号、段位の推薦、並びに本会の重要事項等について審議する。

第17条
  査問委員会は会員が本会の名を著しく阻害する疑いがあった場合に会長がこれを召集し、実情の調査並びに審議を行う。
    1.査問委員会において当該会員の行為が本会の名誉を著しく阻害し、除名に該当するものであると議決された場合は理事会に報告し、その決定を行      うものとする。

第18条
  各種委員は業務毎に専門審議を行い、会長に進言する。

第19条
  市体育協会評議員及び理事、並びに県剣連理事は各自己の所掌の事項について適時会長に報告するものとする。

第20条
  第12条に定める会議は構成員の過半数の出席により有効とする。ただし、正当な手続きにより委任状を提出した者は出席者とみなすものとする。

第21条
  前条により審議された議事は出席者の過半数以上の同意で決定し、可否同数の場合は議長の決するところによるものとする。ただし、第17条及び第34条の定めるところにより会員を除名する場合は、理事会において出席者の3分の2以上の同意で決定するものとする。

第六章 会   計

第22条
  本会の所要経費は会費、級審査料、登録料、段審査受験手数料、及び寄付金等の収入を以って充てる。
    1.会費、級審査料、同登録手数料等の額は別表1のとおりとする。
    2.賛助会費は一口3,000円とし、希望により何口納入するも妨げないものとする。

第23条
  会費の納入は毎年通常4月までとする。ただし、新加入者はその限りではない。

第24条
  正当な理由もなく入会を中断していた者が再入会を申し出た時は審議の上、中断していた年数に遡り会費を徴収して入会を許可する。ただし、審議の結果正当な中断であったと認めた時はその限りではない。

第25条
  会員の会務の出張、或いは会よりの派遣選手等には、通常往復運賃の実費及び食費、或いは日当を支給するほか、特に必要と認めた経費を支給する。

第26条
  本会の決算は毎年3月31日を以って締め切り、会計簿、及び決算書の監査を経て総会に報告しなければならない。

第27条
  本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第七章 入 会 及 び 脱 退

第28条
  本会に入会を希望する者は本会の会則を遵守し、所定の諸事業及び事務の遂行に全幅の協力を尽くす義務を有するものとする。ただし、会長が正当な理由であり、やむを得ないと認めた者については、この限りでないものとする。

第29条
  会員が引き続き在籍を希望する時は毎年4月までに会長に届け出て、会費を納入するものとする。

第30条
  新たに入会、又再入会を希望する者はその旨を会長に届け出て、本会所定の会員登録書に記入し、会費を添えて会長に提出するものとする。

第31条
  入会者は前2条の手続きを完了し、県剣連より会員証を下付されて会員となる。

第32条
  会員は段位、取得年月日、取得場所、氏名、住所、職業、連絡先等に変更があった場合は速やかに理事長を通じて、会長に報告するものとする。

第33条
  事情により本会を脱退せんとする会員はその旨を会長に届け出るものとする。

第34条
  会長は第17条の定めるところにより本会の名誉を著しく阻害し、又は第28条に定める義務不履行者として理事会で議決された者は除名することができる。

第35条
  前2条の脱退者の会員証は即日無効となる。

第36条
  総ての脱退者の既納の金品は一切返還しないものとする。

第八章

第37条
  会員に事故が発生した場合は、下記に定めるところにより金品を贈る。ただし、特に必要と認めた場合は常任理事会の承認を得て、その額の増加、又は本会則によらず贈呈することができる。
    1.会員が死亡した場合    5,000円以上
    2.役員の妻子及び同居する父母(養父母を含む)が死亡した場合   5,000円以上
    3.会員が甚大なる災害を受けた場合    5,000円以上
    4.役員が傷病のため1週間以上入院した場合   5,000円以上
    5.本会の主催する事業、又は本会より派遣され、行動中に不慮の事故にあった場合   10,000円以上

第九章 褒   章

第38条
  本会の運営、或いは心技指導等に多年多大なる貢献のあった者、又は本会を代表して各種大会で優秀な成績を収めた者を理事会においてこれを推薦し、会長が表彰する。

第十章 附   則

第39条
  特に重要なる事業を実施する場合は本会則によらず、理事会の承認を得て別に設けることができる。ただし、これにより設けられた規定は、その事業の終了と同時に自然解消するものとする。

第40条
  本会には、会員名簿、金銭出納簿、貯金通帳、備品帳、会則綴、その他永久保管を要する書類を備える。

第41条
  本会の会則は、委任された会則改正委員会が創案し、総会の承認を経て改正することができる。

第42条
  本会則は平成7年4月1日より適用する。

別表1(平成15年10月1日以降)

[年間会費]

              
区分
納入金額
高校生(相当年齢)以下
一般者
称号保有者
1,000
3,000
5,000

備考:杖道、居合道は別途指示による。

[段、級、称号、審査受験料及び手数料]

区分 受験料
2級以下 700
1  級
初  段
弐  段
参  段
四  段
五  段
1,000
4,000
5,000
6,000
10,000
12,000
六  段
七  段
八  段
錬  士
教  士
範  士
14,000
16,000
19,000
15,000
22,000

[登 録 料]

             
区分
登録料
2級以下
1  級
初  段
弐  段
参  段
四  段
五  段
六  段
七  段
八  段
錬  士
教  士
範  士
500
2,000
6,800
8,000
10,000
15,000
21,000
37,000
57,000
90,000
55,000
70,000
100,000

※初段合格者は剣道手帳代(500円)を含む。


TOPページへ戻る