横須賀剣連行事結果

ここでは横須賀剣道連盟の各行事の結果を掲載します。


平成29年8月11日(金祝)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 26 22
84.6 44
40
90.9
女子 18
18
100
二段 男子 17 14 82.4
33 26 78.8
女子 16 12 75.0
三段 男子 13 8 61.5
15 9 60.0
女子 2 1
50
全      体 92 75 81.5

今回は、例年になく低い合格率でした。初段では、竹刀を真っすぐ振れないで右から右手で打っている人、気剣体の一致した打ちが出いていない人が見られました。
二段では、右手で打っている人、姿勢を崩して打っている人、打突の機会が分かっていない人が見られました。
三段では、攻めがない人、打突の機会をとらえていない人が見られました。


平成29年7月9日(日)横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 57
50 87.7
2級 35
35 100
3級 44
44 100
4級 35
35 100
5級 29
29 100
6級 18
18
100
合計 218 211
96.8

今回も残念ですが1級審査で不合格者が7名出てしまいました。1級審査の着眼点は、礼法等の所作ごとができて、なおかつ技術的には基本打突ができていることです。不合格の人は、基本打突の気剣体が一致した打突動作ができていません。普段の練習で正しい姿勢から体勢を崩さないで打突と右足の着床が一致するよう練習して下さい。そのためには素振りを多くして、竹刀が自分の腕の一部に感じるぐらいになって欲しいものです。


平成29年2月11日(土祝)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀支部のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 30 29
96.7 45
44
97.8
女子 15
15
100
二段 男子 24 23 95.8
41 38 92.7
女子 17 15 88.2
三段 男子 22 21 95.5
28 27 96.4
女子 6 6
100
全      体 114 109 95.6

平成29年1月9日(月祝)横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 52
51 98.1
2級 31
31 100
3級 16
16 100
4級 20
20 100
5級 22
22 100
6級 9
9
100
合計 150 149
99.3

今回は、今までで最高の合格率でした。残念ながら1級で不合格がありました。原因は@竹刀を正しく振れていない、A気剣体の一致した打突が出来ていないことが上げられます。


平成28年8月11日(木祝)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 21 21
100 40
39
97.5
女子 19
18
94.7
二段 男子 27 27 100
40 39 97.5
女子 13 12 92.3
三段 男子 10 8 80.0
17 13 76.5
女子 7 5
71.4
全      体 97 91 93.8

平成28年7月10日横須賀級審査会
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 73
58 79.5
2級 31
31 100
3級 26
26 100
4級 28
28 100
5級 19
19 100
6級 26
26
100
合計 203 188
92.6

今回は、1級の不合格者が15名いました。全員合格を期待していたのですが残念な結果になりました。不合格になった人の理由を以下に述べます。
@剣道で大切な基本打突ができていません。腕の動きと足の動きがバラバラで気剣体の一致した打突ができていません。面を打った瞬間に右足の着床ができるように努力して下さい。
A基本的な竹刀操作ができていない人が散見されました。竹刀操作の基本は肩関節を使って拳を頭上まで振り上げて正面を打つのが基本です。小さく振りがぶって打つのもその延長上にあります。手首や肘だけを使って面に触るような打ち方をしている人がいました。毎日素振りを多くやるようにして下さい。
B竹刀は体の真ん中を通るように降るのが竹刀操作の基本です。右手に力が入りすぎて右斜め上から面を打っている人がいました。
C一足一刀の間合いから打てない人がいました。正しい間合から打突するように心がけて下さい。
以上のことに気をつけて練習をしていけば、次回は必ず合格できると思います。


平成28年2月11日(木)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 30 28
93.3 47
44
93.6
女子 17
16
94.1
二段 男子 24 20 83.3
45 41 91.1
女子 21 21 100
三段 男子 14 12 85.7
20 17 85.0
女子 6 5
83.3
全      体 112 102 91.1

残念ながら今回も不合格の人が若干見られました。初段は基本動作を身に付けているかを見ていきます。面・小手・胴全て気剣体の一致した打突動作ができなくてはいけません。二段は初段に加えて打突の機会を捉えて打つことができるかを見ていきます。三段は二段までに加えて気迫・攻め・歩合が見られます。しっかり素振りをして気剣体の一致した打突と正しい姿勢の維持を意識してこれから練習して下さい。


平成28年1月11日(月)横須賀級審査会
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 34
30 88.2
2級 32
32 100
3級 14
14 100
4級 15
15 100
5級 17
17 100
6級 16
16
100
合計 128 124
96.9

平成27年8月9日(日)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 26 25
96.2 39
38
97.4
女子 13
13
100
二段 男子 32 30 93.8
38 36 94.7
女子 6 6 100
三段 男子 8 7 87.5
14 13 92.9
女子 6 6
100
全      体 91 87 95.6

今年度前期は受審者が100名を切り少なかったのですが、合格率は昨年を少し上回っていました。残念ですが4名の男子が落ちてしまいました。初段は基本打突が身についているかが焦点になりますので「気剣体の一致した」打突を心がけて欲しいものです。審査では面打ちだけでなく、小手打ち、胴打ちも出来ることを見せて下さい。そのためには素振りをしっかりして下さい。二段は基本打突の他に「打突の機会」を捉えて技を出しているか見られます。技の練習で打突の機会を捉えて打つように心がけて下さい。三段は、基本打突、打突の機会の他に攻めが充分か、充実した気勢で打っているか、体裁きは出来ているか、そして有効打突あるいはそれに近い打突があるかが見られます。これからも精進を重ねて頂きますようお願いします。


平成27年7月12日(日)横須賀級審査結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 63
56 88.9
2級 32
32 100
3級 32
32 100
4級 26
26 100
5級 23
23 100
6級 8
8
100
合計 184 177
96.2

平成27年2月11日(水・祝)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 34 32
94.1 64
62
96.8
女子 30
30
100
二段 男子 30 26 86.6
41 37 90.2
女子 11 11 100
三段 男子 18 16 88.8
28 25 89.2
女子 10 9
90
全      体 133 124 93.2

今回は前回よりも合格率は全体的に高くなりましたが、二段の部で4名、三段の部で3名が落ちました。
二段からは、基本ができているとともに、打突の機会を見て打っているか見られます。また、三段では打突の機会も大事ですが、それに加えて気迫や攻めが充分で打っているか、歩合はどうか見られます。今後はそれらの点に気を付けて練習をして下さい。


平成27年1月12日(日)横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 45
38 84.4
2級 23
23 100
3級 20
20 100
4級 22
20 100
5級 7
7 100
6級 7
7
100
合計 122 115
94.3

平成26年8月10日(日)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 42 39
92.9 50
47
94.0
女子 8
8
100
二段 男子 25 24 96.0
33 32 97.0
女子 8 8 100
三段 男子 44 37 84.1
51 42 82.4
女子 7 5
71.4
全      体 134 121 90.3

今回は、二段が合格率が最も高い結果になりました。
初段で落ちた人は、@気剣体一致の打ちができていない、A竹刀を正しく振れていないのが原因です。大きく振りかぶった正しい素振りをするように普段から心がけてください。
二段で落ちた人は、@打突の機会を捉えていない、A当てっこになっているため姿勢が崩れ、残心がとれていません。打ったあと身構え、気構えをしっかり作って下さい。
三段で落ちた人は、@しっかり攻めて打っていない、A相手の動きに合わせて打っている、B応じ技が出ていない、等が原因です。


平成26年7月6日(日) 横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 84
76 90
2級 40
36 90
3級 35
35 100
4級 31
31 100
5級 28
28 100
6級 15
15
100
合計 233 221
94.8

不合格になった人は、積極的に技を出していないため気剣体の一致した打ちが出なかったこと。竹刀の振りかぶりが小さく基本打ちが身についていない人です。普段の稽古で大きく振りかぶって正しく竹刀が振れるように努力して下さい。


平成26年2月11日(火・祝)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 39 38
97.4 55
53
96.3
女子 16
15
93.7
二段 男子 22 21 95.4
32 30 93.7
女子 10 9 90.0
三段 男子 11 9 81.8
15 13 86.6
女子 4 4
100
全      体 102 96 94.1

今回の審査では数名の方が不合格でした。これからの練習では、打った打たれたではなく、剣道を正しく身に付けるように頑張ってください。竹刀は大きく振りかぶって打てること。打突と右足の着床が一致する(気剣体一致)ことが大切です。振りかぶらないでチョコンと当てるような面打ちがありますが、それをさし面と言います。さし面は審査では評価されません。大きく振りかぶって素振りをして正しい打ち方ができるようにして下さい。


平成26年1月13日(月・祝)横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 54
51 94.4
2級 47
46 97.9
3級 13
13 100
4級 11
11 100
5級 23
23 100
6級 17
17
100
合計 165 161
97.6

今回は、1級・2級とも前回より合格率が上がりました。
今後も剣道を正しく身に付けるよう努力・精進して下さい。


平成25年8月11日(日)横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
於 北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 30 30
100 41
41
100
女子 11
11
100
二段 男子 29 26 89.6
48 44 91.6
女子 19 18 94.7
三段 男子 20 18 90.0
29 28 96.5
女子 10 10
100
全      体 118 113 95.8

今回は今までで最も合格率の高い審査会でした。残念ながら不合格だった方は、今後も精進して次回は是非合格していただきたいと思います。


平成25年7月7日(日) 横須賀級審査会結果
於 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 75
51 68
2級 40
36 90
3級 47
47 100
4級 32
32 100
5級 24
24 100
6級 14
14
100
合計 232 204
87.9

全体としては、昨年夏のの審査よりは若干合格率は上がりました。
2級は昨年の夏より合格率が下がり、1級は若干上がりました。とは言っても、過去ワースト2位の合格率です。
不合格になった人は、基本を正しく身に付けていません。一足一刀の間合いから、まっすぐ振り上げて、まっすぐ打ち下ろすことができていません。@面打ち・小手打ちは両拳が体の中心にあること、A打った瞬間に右足の着床があること(剣と体の一致)、などに気を付けて下さい。
また、打った勢いがそのまま相手の脇を通り抜けて残心につながります。打ちに勢いもないのにむりやり前に進んで残心をとっています。
次回は、全員の合格を期待します。


平成25年2月11日(日) 横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 32 31
96.8 52
51
98.0
女子 20
20
100
二段 男子 21 19 90.4
37 33 89.1
女子 16 14 87.5
三段 男子 6 5 83.3
10 9 90.0
女子 4 4
100
全      体 99 93 94.0

今回も高い合格率でした。残念ながら惜しくも落ちた人が数名います。その方達はもうひとがんばりという所です。この悔しさをバネにして日頃の稽古を頑張ってほしいと思います。


受審者数 合格者数 合格率
1級 73
56 76.7
2級 21
21 100
3級 13
13 100
4級 20
20 100
5級 19
19 100
6級 18
18
100
合計 164 147
89.6

今回は1級受審者のみ17名の不合格者が出ました。
級審査会の着眼点は、礼法の所作ごとができているか、正しい間合い(一足一刀の間合い)から面・小手・胴の基本打ちができているかです。気剣体の一致した打ちができていなければなりません。一級を落ちた人は、気剣体の一致した打ちができていません。また、竹刀を充分に振りかぶって打っていません。相手の面に触る、当てるような打ち方は正しい打ち方ではありません。大きく振りかぶって打てるようにしてください。普段の稽古では、基本素振りを大きく振りかぶって行うこと、面をつけたら基本の正面打ちを数多くやること、そして小手先で打つのではなく、足を使って体全体で打てるようにしてください。


平成24年8月12日(日) 横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 42 39
92.8 61
58
95.0
女子 19
19
100
二段 男子 46 40 86.9
69 60 86.9
女子 23 20 86.9
三段 男子 24 23 95.8
38 35 92.1
女子 14 12
85.7
全      体 168 153 91.1

今回は、三段が二段の合格率を上回りました。残念ながら、剣道形で落ちた人が数名います。次回はしっかり練習して臨んで欲しいと思います。


平成24年7月8日(日) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 102
67 65.7
2級 46
45 97.8
3級 44
44 100
4級 32
32 100
5級 25
25 100
6級 18
18
100
合計 267 231
86.5

今回の審査会は、1級合格率が65.7%と今までで最低の合格率でした。以下に審査に落ちた人の理由を述べます。今後の審査の参考にして頂きたいと思います。
@気合いが入っていない。もっと大きなかけ声を出す。
A基本の竹刀操作ができていない。竹刀を振りかぶらないで小手先だけで打っている人が目立ちました。基本が身についていればどんなに小さく早く打つ場合でも必ず振りかぶり動作が入ります。腕が上がらないで竹刀を振っている人は、相手の打突部位を打つ動作ではなく、当てる動作であり基本が身についているとはいえません。
B気剣体の一致した打突動作ができていません。打った瞬間と右足の着床は一致する必要があります。そして打った後は、素早く左足を引きつけて次に備えなければなりません。
C以下に審査時の審査員の着眼点を箇条書きします。
 ・剣道衣・袴・防具を正しく身につけているか。
 ・充実した気勢(かけ声)があるか。
 ・気剣体の一致した打突ができているか。
 ・大きく振りかぶって打とうが、小さく振りかぶって打とうが、腕の上下動が入っているか。
 ・打った後、左足の引きつけがうまくできているか。 左足の跳ね足、引きずり足、後に残る足は全て落ちます。
D級審査会及び初段の審査は、剣道の基本が身についているかどうかをみていきます。打った打たれたではありません。基本どうり正しく打つ動作を身につけて下さい。


平成24年2月11日(土・祝) 横須賀地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:南体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 30 29
96.6 44
43
97.7
女子 14
14
100
二段 男子 16 15 93.7
26 24 92.3
女子 10 9 90
三段 男子 14 13 92.8
19 17 89.4
女子 5 4
80
全      体 89 84 94.4

今回の審査は過去最高の合格率となりました。この結果は、本人の努力はもちろんのこと各支部の指導者が剣道の指導において正しく導いている結果だと思います。合格された方は剣道を正しく学び更に精進して上の段を目指してもらいたいと思います。残念だったのは、6名の欠席者がいたことです。インフルエンザの影響なのか分かりませんが、次回は体調を整えて昇段審査に挑戦していただきたいと思います。また、審査に合格できなかった人が数名おられますが、以下のことに気を付けてこれからの稽古に励んでほしいものです。
@初段:初段は基本が身に付いているかどうかが審査員の主要な視点になります。気剣体の一致した打突ができていないといけません。また、打った後の左足の引き付けを早くするように普段から気を付けてください。跳ね足や引きずり足はいけません。普段から素振りを沢山行うように心がけて下さい。
A二段:初段の条件に加えて、打突の機会を捉えて打っているかが主要な視点になります。打突の好機を捉える練習をしっかり行って下さい。そのためには相手の動きをみて正しく反応できるようにしなくてはなりません。地稽古よりも切り返し、打ち込み、掛かり稽古を多く取り入れるとともに技の練習もしっかり行って下さい。
B三段:初・二段の条件に加えて、気迫と攻めがしっかりできなくてはなりません。充実した気勢から機会を捉えて思い切りの良い捨てきった技が出ないといけません。剣道は対人競技ですから、相手の動きを読み、理合いにかなった技が出せるように普段の練習で心がけて下さい。


平成24年1月9日(月・祝) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 60
48 80
2級 23
23 100
3級 15
15 100
4級 14
14 100
5級 16
16 100
6級 7
7
100
合計 135 128
94.8

1級は昨年より合格率が下がってしまいました。不合格だった人の原因は以下の通りです。
@竹刀操作の基本は大きく振りかぶって打突部位を打つことです。竹刀が振れていない人がいました。
A打突の基本は、気剣体の一致した打ちが出来なくてはなりません。打った瞬間と右足の着床が一致しなければなりません。それが出来ていません。
今後の練習では、正面打ちを重視し、遠い間合から大きく振りかぶって、気剣体の一致した打ちを練習してください。


平成23年8月14日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 51 49
96 78
75
96.1
女子 27
26
96.2
二段 男子 39 35 89.7
64 57 89.0
女子 25 22 88.0
三段 男子 20 16 80.0
30 22 73.3
女子 10 6
60.0
全      体 172 154 89.5

平成23年7月3日(日) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 72
60 83.3
2級 60
60 100
3級 62
62 100
4級 40
40 100
5級 30
30 100
6級 30
30
100
合計 294 282
95.9

惜しくも1級審査で不合格だった人が12名いました。審査員は着装、礼法が正しく身に付いているか、技術的には正しい構えができているか、基本が身に付いて気剣体の一致した打突動作ができているかをみて合否を決定します。不合格だった人は、竹刀の基本操作が身に付いていない、腕の振りと右足の踏み込みが一致していない、打突後の左足の引き付けができていない等が原因だと思われます。正しい打突動作を身につけて次回は合格できるように頑張って下さい。


平成23年2月11日(金祝) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 23 23
100 34
34
100
女子 11
11
100
二段 男子 11 9 81.8
13 11 84.6
女子 2 2 100
三段 男子 7 3 42.8
8 4 50
女子 1 1
100
全      体 55 49 89.1

今回の審査は、三段の合格率が過去最低となってしまいました。落ちた人は当てることにのみ気持ちがいっているようです。初段からの積み重ねで三段の資格が認められますので、基本を重視し、当てるのではなく気剣体の一致した打突を練習してください。


成23年1月10日(月) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 70
64 91.4
2級 25
24 96.0
3級 18
18 100
4級 16
16 100
5級 16
16 100
6級 12
12
100
合計 157 150 95.5

@毎年のことですが、不合格の人は気剣体一致の打突ができていませんでした。普段の練習で素振りが足りないようです。


平成22年8月8日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 53 52
98.1 77
76
98.7
女子 24
24
100
二段 男子 42 38 90.4
62 57 91.9
女子 20 19 95.0
三段 男子 22 18 81.8
32 28 87.5
女子 10 10
100
全      体 171 161 94.2

@今年は、二・三段の部は近年では最高の合格率になりました。


平成22年7月4日(日) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 73
56 76.7
2級 52
49 94.2
3級 65
65 100
4級 44
44 100
5級 29
29 100
6級 24
24
100
合計 287 267
93.0

@今回は昨年より合格率が上がっています。今年度から3級以上の審査に「木刀による剣道基本技稽古法」の形が加わりました。受審者の皆さんがよく練習していたため全員が合格しました。今後もこの調子で頑張っていただきたいと思います。
A今回も1級及び2級審査で不合格者が出ました。毎回同じことを書いていますが、不合格者は基本が身に付いていません。級審査では有効打突を打った、打たれたで合否が決まるのではありません。審査員は受審者の体得した基本技術の完成度を見ています。有効打突がなくても基本が身に付いていると判断したら合格の○をつけます。
B基本の観点とは、 ・小手先の竹刀操作ではなく身体全体を使って振りかぶって打っているか、 ・打った後の左足はすぐ右足の後ろに引き付けているか、 ・気剣体の一致した打突動作ができているか、 ・打った後送り足で進んで残心をとっているか、 ・掛け声がしっかり出ているか、等です。これらを総合的に見て合否を判定します。


平成22年2月7日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 12 12
100 19
19
100
女子 7
7
100
二段 男子 12 10 83.3
14 12 85.7
女子 2 2 100
三段 男子 6 4 66.6
10 7 70.0
女子 4 3
75.0
全      体 43 38 88.4

平成22年1月11日(日) 横須賀級審査会結果
場所:三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 54
43 74.4
2級 24
24 100
3級 18
18 100
4級 16
16 100
5級 12
12 100
6級 12
12
100
合計 136 125 91.2

@今回は2級までは合格率100%、1級は74.4%でした。
A1級審査で残念ながら落ちた人は、基本の構えと基本打突ができていませんでした。左足が外を向いて踵が床に着いている人、面を打つときに両拳が中心から外れている人(右手で打っている)、気剣体一致の打ちが出来ていない人、が目立ちました。


平成21年8月9日(日) 南部地区三段以下審査会結果(鎌倉支部含む)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率
初段 116 113 97.4
二段 129 114 88.3
三段 50 39 78
合計 295 266 90.1

横須賀支部のみの結果

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 40 40 100 62 62 100
女子 22 22 100
二段 男子 55 47 85.4 75 64 85.3
女子 20 17 85.3
三段 男子 17 14 82.3 31 26 83.9
女子 14 12 85.7
全      体 168 152 90.5

@全体的に例年になく高い合格率でした。初段は実技で全員合格しましたが、剣道形と学科試験で3名が不合格でした。、また、二段でも2名が形と学科で不合格になりました。学科試験問題は年度始めには各支部に連絡してあります。勉強して覚えていれば誰でも合格できます。剣道形も同じです。
A二段で落ちた人は、打突後の左足の引き付けができていない人、打突時に手と足がバラバラの人です。正しい基本打ちを身につけて下さい。
B三段落ちた人は、気迫、攻め、打突の機会を捉えて打つことができていません。さらなる精進を期待します。


平成21年7月5日(日)横須賀級審査会結果(三浦潮風アリーナ)

受審者数 合格者数 合格率
1級 87
64 73.6
2級 49
48 97.9
3級 53
52 98.1
4級 49
49 100
5級 44
43 97.7
6級 17
17
100
合計 299 273 91.3

@今回は3級以下でも不合格者が出ました。「竹刀を振りかぶることができない」「送り足ができない」ことが原因です。支部によっては受審すれば全員が合格すると勘違いしている指導者がいるようです。落ちたら子供が可愛そうですからしっかり見極めて受審させてください。
A1級、2級の不合格者は、気・剣・体の一致した打突動作ができていません。すなわち、基本が身に付いていません。素振りと正面打ちをしっかり練習してください。


平成21年2月8日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 25 23 92.0 32 30 93.8
女子 7 7 100
二段 男子 10 10 100 18 16 88.9
女子 8 6 75.0
三段 男子 6 5 83.3 14 10 71.4
女子 8 5 62.5
全      体 64 56 87.5

平成21年1月11日(日)横須賀級審査会結果(三浦潮風アリーナ)

受審者数 合格者数 合格率
1級 63
48 76.2
2級 24
19 79.2
3級 10
10 100
4級 16
16 100
5級 16
16 100
6級 19
19
100
合計 148 128 86.5

今回も1級と2級で不合格者が出ました。不合格になった人は悔しかったと思います。
不合格になった人に今後の練習で気を付けて欲しいことを以下に述べます。
@大きく振りかぶった基本の素振りを多くして下さい。右手打ちになって竹刀が身体の真中を取っていません。
A有効打突の条件は、簡単に言うと「気剣体の一致した打ち」が出来ていないといけません。打った瞬間と右足の着床が一致するようにして下さい。
B基本打ちは、正面打ち、小手打ち、胴打ちがあります。この三つの打ちは基本通りにしっかり出来るように頑張って下さい。
C打った後の左足の引き付けが出来ていない人がいます。打ったらすぐに左足を引き付け、送り足で前に出られるようにして下さい。
D2月初段を受ける1級合格者の人へ、今回は気合いがもう一つでした。腹から声を出せるように頑張って下さい。初段の審査では、竹刀の振りかぶりが身体の中心を通っていること、気剣体一致の打ちが出来ていること、左足の引き付けが出来ていることが大切です。左足の跳ね足、 引きずり足の人は合格しません。基本打ちを大切に、しっかり出来るように頑張って下さい。


第52回 神奈川県青少年剣道選手権大会結果
 日時:平成20年9月日(祝) 9時30分開会
 場所:県立武道館
 《結果》
  ○団体成績
    優  勝 保土ヶ谷区  得点25点

    準優勝 瀬谷区     得点24点
    三  位 川崎      得点19点
    四 位 金沢区、横須賀 得点17点
  ○個人戦結果
    12歳の部:貝塚恒紀   第3位
    16歳の部:千葉一輝   準優勝
    19歳の部:金野裕二   準優勝
    成年の部:小林朋洋   ベスト8位
    中学女子の部:高橋理紗  第3位
   他の選手も頑張りましたがベスト8位に入ることが出来ませんでした。
   選手の皆さんお疲れさまでした。


平成20年8月10日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 53 47 88.7 77 71 92.2
女子 24 24 100
二段 男子 51 42 82.4 66 53 80.3
女子 15 11 73.3
三段 男子 23 19 82.6 36 27 75.0
女子 13 8 61.5
全      体 179 151 84.4

昨年8月の審査会に比べると初段・二段・三段の全ての合格率が下がっています。
@初段は基本が身に付いているかどうかを見られます。気剣体の一致した打ちが出来るように、素振りを多くしてください。
 着装、礼法などの所作事もしっかり見られます。正しい動作を身につけて下さい。
A二段は基本打ちをしっかり身につけると共に、打突の機会を捉えて打つように普段練習して下さい。
B三段は気迫のある攻め、機会を捉えたら思い切りよく迷わず技を出せるようにして下さい。
C元気がない子供がいます。気合いは腹に力を入れて大きな声を出すこと。
D打突部位は、面、小手、胴、突き(高校生以上)それぞれに基本打突があります。審査には突きは出さない方が良いと思いますが、相手の隙を見て面・小手・胴の全てを打てるようにして下さい。審査では面だけしか打たない人がいますが、その考えは間違っています。相手の隙を瞬間的に捉えて理合いにかなった打突をするためには面・小手・胴全てを打てなくてはなりません。
E三段は抜き胴や出小手など相手の動作の起こりの隙を打つ、あるいは応じ技を出すことも状況によっては必要とされます。


平成20年7月6日(日)横須賀級審査会結果(三浦潮風アリーナ)

受審者数 合格者数 合格率
1級 94 67 71.3
2級 61 52 85.2
3級 55 55 100
4級 39 39 100
5級 32 32 100
6級 21 21 100
合計 302 266 88.1

昨年7月の級審査と比較すると1級は合格率が上がっていますが、2級は下がっています。
級審査は、級相当の基本ができているかを見ています。相手を打てなくても基本ができていれば合格しますが、合格できなかった人は基本をしっかり身につけていないのが原因です。正しい基本を身に付けるよう頑張りましょう。このことは初段の審査でも言えることです。


平成20年2月17日(日) 南部地区三段以下審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 14 14 100 25 25 100
女子 11 11 100
二段 男子 13 10 76.9 23 18 78.2
女子 10 8 80
三段 男子 17 8 47.0 18 8 44.4
女子 1 0 0
全      体 66 51 77.3

初段は全員合格でしたが、二段・三段は残念ながら低い合格率でした。
落ちた人は今後の練習で以下の点に気を付けてください。
@大きく振りかぶった基本の素振りを心がけて下さい。
A両手首、両肘、両肩を使った正しい打突ができるようにして下さい。手首だけで当てる打ちをしている人がいます。
B打突時の姿勢が崩れないように注意して下さい。打突時の左腰・左足の引き付けがスムーズにできていない人がいます。
C二段以上は、打突の機会を正しく捉えているかを見られますので、技の練習と打ち込み掛かり稽古をしっかり行って下さい。
D三段はCに加えて打突の強さや思い切り捨てた打ちが必要です。体勢を崩さず正しく打突動作ができるように練習して下さい。


平成20年1月13日(日) 横須賀級審査会結果(三浦潮風アリーナ)

受審者数 合格者数 合格率
1級 67 48 71.6
2級 21 20 95.2
3級 17 17 100
4級 6 6 100
5級 24 24 100
6級 4 4 100
合計 139 119 85.6

1級と2級で20名の人が残念ながら不合格でした。下記に述べることをこれからの練習の参考にして下さい。
審査員は
基本が身に付いているかどうかを見て審査します。
@気剣体の一致した打ちができるように努力して下さい。
A中学生は竹刀操作が小さく当てるだけの技が目立ちます。竹刀操作の基本は大きく振りかぶって打つことで
 手の内が良くなります。勝負にこだわって打突部位に当てるだけでは駄目です。
 正しい基本打ちができている人は、相手の打突部位に当たらなくても合格しています。
B全体的に気迫が足りません。大きな掛け声を出すことは動きを良くする意味でも必要です。
C基本打ちには面打ち、小手打ち、胴打ちがあります。面打ちだけしかできない人がいます。

D打った後の左足の引き付け、その後の送り足ができていない人もいます。
E全体的に素振りが足りないようです。毎日大きく振りかぶって素振りをするよう心がけて下さい。


第54回神奈川県剣道大会
平成19年12月2日(日)  場所:県立武道館
横須賀剣道連盟 第3位
 監督 坂上和弘
 大将 橘 恒紀    副将 千葉康宏
 三将 栗田将洋    四将 小林朋洋
 五将 千葉祐輔    六将 石戸あずさ
 七将 深澤 翔    次鋒 佐々木利良
 先鋒 貝塚泰紀
準決勝で川崎市に敗れましたが、選手の皆さんはよく頑張ってくれました。


平成19年11月23日(祝) 第80回横須賀市民剣道大会結果
場所:横須賀市西体育館

試合別 優 勝 準優勝 三 位
三 位
小学1年女子の部 杉本咲妃(正) 平出楓佳(友) 丸山楓恋(愛) 田畑知耶子(友)
小学2年女子の部 榎本琴音(友) 遠山みのり(士) 庄司詩乃(三) 西野有里加(浦)
小学3年女子の部 今岡朝子(友) 我妻優紀(友) 五十嵐美音(正) 小山里穂(三)
小学4年女子の部 平出琴美(友) 北本真悠(友) 菅野玲奈(愛) 吉田柚衣(陽)
小学5年女子の部 榎本響香(友) 草津紗理奈(友) 菅野有里子(友) 鈴木結子(愛)
小学6年女子の部 石川夏海(友) 梶ヶ谷梨紗(楠) 田中日菜(陽) 長門知佳(陽)
小学1年男子の部 三壁佳祐(士) 斉藤真琴(大塚 長島於久良(士) 千葉拓海(士)
小学2年男子の部 貝塚脩悟(友) 大滝響生(正) 市川晴斗(横剣) 堀江将哉(正)
小学3年男子の部 関口萌杜(友) 津城唯登(幸) 水口晃希友) 佐藤大樹(北)
小学4年男子の部 丸山大輔(愛) 丸山俊平(正) 岡田悠佑(陽) 戸田大貴(士)
小学5年男子の部 軽部佑太郎(陽) 田中正人(正) 水口誠悟(友) 小川雅樹(友)
小学6年男子の部 貝塚泰紀(友) 貝塚恒紀(友) 上原大地(友) 関口柚史(友)
中学1年女子の部 北本亜衣(友) 大谷翼(追中) 大岩有紀(追中) 斉藤叶恵(追中)
中学2年女子の部 庄司彩乃(三) 原田恵里(衣中) 加地はるか(入中) 高瀬玲奈(坂中)
中学3年女子の部 佐々木利良(正) 渡邉翔子(神中) 長嶋匡子(愛) 赤野舞(神中)
中学1年男子の部 寺田隼人(追中) 数原拓也(衣中) 梶ヶ谷将吾(入中) 松浦将司(入中)
中学2年男子の部 長島智和(三) 塚田隼斗(三) 曽根賢吾(友) 植芝洸太(入中)
中学3年男子の部 岸野真也(神中) 高橋侑基(陽) 本田崇将(正) 新倉悠太(楠)
家庭婦人の部
(30歳以上)
堀越優子(正) 高橋奈緒美(友) 小沢雅子(横剣) 佐藤ゆか子(光)
一般女子の部
(初段以下)
中島裕佳子(防) 蒲田梨南子(追中) 五月女萌(学院) 和田友美(総合)
一般女子の部
(2段以上)
堀雅美(陽) 山根美聡(防) 長島萌美(友) 坂口綾子(防)
無段の部 池田裕紀(病) 小松遼(横高) 佐藤景太(防)
初段の部 柴澤源(防) 新倉泰史(防) 田中利樹(正)
二段の部 千葉一輝(士) 金子幸太(防) 福田竜登(正)
三・四段の部 角田隆也(愛) 岡田航(防) 奥山慧太(防)
親子の部(母と小学生) 久保洋子・葉月(三) 丸山佐賀美・大輔(愛) 石部睦代・憲都(観)
親子の部(父と小学生) 草津秀彦・沙梨菜(友) 水口仲弘・誠悟(友) 丸山勝弘・真輝(愛)
中学女子団体の部 久里浜中 大楠中 大津中
中学男子団体の部 大津中 神明中 久里浜中
一般団体の部 正栄館 三田村道場 防衛大

第51回 神奈川県青少年剣道選手権大会結果
 日時:平成19年9月17日(祝) 9時30分開会
 場所:県立武道館
 《結果》
  ○団体成績
    
優  勝 横須賀剣道連盟 得点26点
    準優勝 鶴見区剣道連盟 得点23点
    三  位 南区剣道連盟   得点22点
    ※横須賀は6年ぶりの優勝です。
  ○個人戦結果
    12歳の部:仲吉朝基   ベスト8位
    13歳の部:山本知樹   2回戦敗退
    14歳の部:本田崇将   3回戦敗退
    15歳の部:千葉一輝   第3位
    16歳の部:鈴木賢太郎 優 勝
    17歳の部:千葉祐輔   2回戦敗退
    18歳の部:金野裕二   第3位
    19歳の部:松本諭    ベスト8位
    成年の部:小林朋洋   優 勝
    中学女子の部:佐々木利良 ベスト8位
    高校女子の部:石戸あずさ  第3位
    一般女子の部:井尻麻祐子(大学の都合により欠場)
  昨年は準優勝に終わりましたが、今年は選手の皆さんの頑張りで、優勝することができました。
  選手の皆さんご苦労様でした。

  
※この結果は、神奈川県剣道連盟のホームページにも写真入りで掲載してあります。


平成19年8月12日(日) 南部地区三段以下昇段審査会結果(横須賀のみ)
場所:北体育館

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 64 63 98.4 84 83 98.8
女子 20 20 100
二段 男子 39 37 94.9 57 52 91.2
女子 18 15 83.3
三段 男子 30 25 83.3 37 32 86.5
女子 7 7 100
全      体 178 167 93.8

今回の審査会は、各段位とも例年にない高い合格率でした。合格された皆さんおめでとうございます。


第30回神奈川県剣道練成大会
平成19年8月5日(日)  場所:県立武道館
横須賀剣道連盟 ベスト8位
 監督 千葉康宏
 大将 千葉祐輔    副将 佐々木利良
 中堅 山本知樹    次鋒 長門知佳
 先鋒 貝塚泰紀
準々決勝で矢向剣友会に1対2で惜敗しました。選手に皆さんお疲れ様でした。


平成19年7月29日(日) 第36回小学生剣道大会・第14回年代別剣道大会結果
場所:横須賀市南体育館

試合別 優 勝 準優勝 三 位 三 位
小学1年女子の部 岩永遥佳(士) 丸山楓恋(愛) 平出楓佳(友) 杉本咲妃(正)
小学2年女子の部 榎本琴音(友) 田沼 蒼(大塚) 庄司詩乃(三) 早川 愛(友)
小学3年女子の部 我妻優紀(友) 今岡朝子(友) 久保寺雛乃(長) 五十嵐美音(正)
小学4年女子の部 北本真悠(友) 平出琴美(友) 宮崎真由香(逗) 菅野玲奈(愛)
小学5年女子の部 榎本響香(友) 草津沙莉奈(友) 堀田早紀(士) 鈴木結子(愛)
小学6年女子の部 長門知佳(陽) 石川夏海(友) 熊谷恵実(幸) 梶谷梨紗(大塚)
小学1年男子の部 進藤晟真(大塚) 千葉歩夢(士) 三壁佳祐(士) 齋藤真琴(大塚)
小学2年男子の部 丸山友也(正) 深井智史(光) 大滝響生(正) 千葉拓海(士)
小学3年男子の部 杉本航輝(正) 水口晃希(友) 田畑賢治(友) 岩永一恵(士)
小学4年男子の部 丸山大輔(愛) 岡田悠佑(陽) 齋藤拓仁(士) 木部佑紀(双)
小学5年男子の部 水口誠悟(友) 小川雅樹(友) 池端幸太郎(三) 庄司泰胤(三)
小学6年男子の部 貝塚泰紀(友) 貝塚恒紀(友) 井上 翔(正) 我妻孝樹(友)
年 代 優 勝 準優勝 三 位
18歳〜30歳未満 松本享之(三) 丸山正仁(海一) 宮脇大輔(自)
30歳〜40歳未満 榎本真一(友) 栗田将洋(正) 楠野理恵(自)
40歳〜50歳未満 千葉康宏(士) 杉本正規(正) 草津秀彦(友)
50歳〜65歳未満 橘 恒紀(双) 大井手敬文(群) 板垣好彦(陽)
65歳以上 東海林義勝(双) 西盛益男(正) 増田嘉夫(群)

平成19年7月1日(日) 第54回横須賀剣道連盟剣道大会結果
場所:横須賀市総合体育館

試合別 優 勝 準優勝 三 位 三 位
小学1年女子の部 岩永遥佳(士) 杉本咲妃(正) 田畑知耶子(友) 平出楓佳(友)
小学2年女子の部 榎本琴音(友) 早川 愛(友) 西 はるか(光) 田沼 蒼(大塚)
小学3年女子の部 五十嵐美音(正) 今岡朝子(友) 我妻優紀(友) 平野歩美(湘)
小学4年女子の部 北本真悠(友) 久保葉月(三) 菅野玲奈(愛) 吉田柚衣(陽)
小学5年女子の部 榎本響香(友) 菅野有里子(友) 草津紗理奈(友) 寺田花音(養)
小学6年女子の部 石川夏海(友) 長門知佳(陽) 熊谷恵実(幸) 濱内あゆみ(養)
小学1年男子の部 三壁佳祐(士) 進藤晟真(大塚) 角田飛翔(正) 千葉歩夢(士)
小学2年男子の部 貝塚脩悟(友) 丸山友也(正) 大滝響生(正) 千葉拓海(士)
小学3年男子の部 杉本航輝(正) 尾崎 駿(正) 水口聡真(友) 近藤大樹(北)
小学4年男子の部 丸山大輔(愛) 工藤浩志(幸) 武田悠太郎(光) 戸田大貴(士)
小学5年男子の部 丸山真輝(愛) 田沢翔太(正) 水口誠悟(友) 庄司泰胤(三)
小学6年男子の部 益岡航洋(友) 我妻孝樹(友) 上原大地(友) 貝塚泰紀(友)
中学1年女子の部 北本亜衣(友) 堀越光留(正) 伊東真衣(楠中) 宮崎彩花(星)
中学2年女子の部 生駒米音(逗) 野沢萌南(楠中) 竹内望(大中) 郡司若恵(楠中)
中学3年女子の部 赤野舞(神中) 高清水悠希子(坂中) 白幡万結(武中) 関澤美貴(楠中)
中学1年男子の部 石渡諒介(養) 池田拓史(大中) 山下祥次郎(愛) 仲島昇吾(養)
中学2年男子の部 高橋阿沙人(衣中) 曽根賢吾(友) 坂田 祐(入中) 荒井直樹(大中)
中学3年男子の部 高橋侑基(陽) 増井蒼太(三) 澤悠詩(逗) 木村太郎(三警)
家庭婦人の部
(30歳以上)
吉田聡子(友) 高橋奈緒美(友) 堀越優子(正)
一般女子の部
(初段以下)
中村郁美(友) 宇部 茜(湘南) 長谷川聡子(横剣)
一般女子の部
(2段以上)
佐藤優衣花(津浜) 橋本真衣(津浜) 入谷夢華(正) 川井あす香(総合)
無段の部 中島佳亮(観) 日比裕輔(県横) 小原研心(歯)
初段の部 田中利樹(正) 斉藤葉月(刑) 野村 聡(岩戸)
二段の部 長島真和(三) 八木田雄大(正) 福田竜登(正)
三・四段の部 角田隆也(愛) 千葉祐輔(士) 佐藤 正(三)
中学女子団体の部 久里浜中学 追浜中学
中学男子団体の部 久里浜中学 追浜中学 大津中学B
高校女子団体の部 津久井浜高校
高校男子団体の部 津久井浜高校A 少年工科学校 県立逗子高校
一般団体の部 正栄館 久里浜剣友会 三田村道場

平成19年7月8日(日) 横須賀級審査会結果(三浦潮風アリーナ)

受審者数 合格者数 合格率
1級 97 67 69.0
2級 59 56 94.9
3級 58 58 100
4級 62 62 100
5級 23 23 100
6級 29 29 100
合計 328 295 89.9

 残念ながら1級審査に合格できなかった人が31%いました。
これからの練習は以下に述べることに注意してください。
@掛け声を大きくする。
A気剣体の一致した打ちをするようにして下さい。
B基本動作及び基本技が身に付いていない人がいます。正しい姿勢から大きく振りかぶり、しっかり打つようにして下さい。
C素振りを数多くするようにして下さい。竹刀をよく振れていない人がいます。
D中学・高校生は速く打とうとして「さし面」を打っていますが、基本の素振りが出来ていないため、打突部に触るだけであり、しっかりした手の内が出来ていません。


平成19年2月12日(祝) 南部地区3段以下審査会結果(横須賀のみ)

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 28 24 85.7 40 36 90
女子 12 12 100
二段 男子 16 12 75.0 23 19 82.6
女子 7 7 100
三段 男子 17 9 52.9 26 13 50
女子 9 4 44.4
全      体 89 68 76.4

 昨年8月の審査会に比べ受審者の数は減少しましたが、初段と二段は合格率が上がりましたが、三段は合格率が下がりました。女子の初段と二段の合格率が100%というのは、受審者数が少ないとはいえ、かつてないことだと思います。
@初段で不合格だった人は、まだ基本が身に付いていない人です。剣道では気剣体の一致した打突動作が要求されます。打つときに手と足の動きが一致していない、打つときに姿勢が崩れる、気迫が足りない等が原因です。素振りや打ち込みをもっと多く練習に取り入れて正しい打突が出来るように頑張って下さい。
A二段の審査では、基本が出来ていることが前提となり、気迫、攻め、打突の機会、打突の強さ等が要求されます。不合格になった人は何処がいけなかったのか、自分でその原因を見つめ直し、更に精進して下さい。
B三段の審査では、気迫、攻め、打突の機会、打突の強さ、打突後の体捌き、内容の優劣等が要求されます。打突箇所は面、小手、胴、突きがあります。一方的に攻めて面だけでは優位に立つことは出来ません。状況によっては相手の出ばなや技の尽きたところを打つなど、理にかなった打突が出来ていることが大切です。
C今回の審査で、剣道形と学科で7人の受審者が不合格でした。学科は事前に問題が分かっているのでしっかり勉強して下さい。また、剣道形についてはしっかり練習して下さい。


平成19年1月14日(日) 級審査会結果 於三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 80 52 65.0
2級 23 17 73.9
3級 19 19 100
4級 15 15 100
5級 15 15 100
6級 7 7 100
合計 159 125 78.6

★全般
 @立ち会いの礼法ができない子供達が多く見られました。いちいち先生に言われなくても、お互いに礼をしたら3歩前に進み、蹲踞して構えられるように指導者の先生は指導を徹底してほしいものです。
 Aほとんどの子供達が大きな掛け声を出していません。大きな声で掛け声を出すと元気も出るし、体がよく動くようになります。普段から大きな掛け声を出すように指導してください。
 B身長のわりに長い竹刀を使っている子供が多く見られます。身長に見合った長さの竹刀を使うよう指導してください。
★1級審査について
 @基本打突ができていない子供が多数見られました。大きく振りかぶり相手の体の中心を正確に打てるように指導してください。
 A手先だけの打ちで、気剣体が一致した打突ができていない子供が多数見られました。また、打った後体が止まったり、歩いたりしているのが多く見られました。
 Bかかり稽古をしている子供が多く見られました。一足一刀の間合から打突の機会を捉えて正しく打てるようにしてほしいものです。
 C打たれないように姿勢を崩して技を出す子供がいました。姿勢を崩さないで正しく打てるように普段の練習をしてください。
 D1級審査は初段の審査基準に準じて合否を判定します。基本的な構えができているか、気剣体の一致した打ちができているか、踏み込み足、送り足ができているか、気合いは充分か等を総合的に見ていきます。跳ね足(打った直後に左足を跳ね上げる)や引きずり足(打った直後に左足の引き付けがうまくいかず残っていて引きずる)、打つときに左足が残り体が沈むような打ち方は基本ができていません。審査は試合ではありません。打たれてもいいから、自分も相手を打てばいいのです。大事なことは基本打突ができていることです。


平成18年8月13日(日)南部地区3段以下審査会結果(横須賀のみ

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 55 34 61.8 84 59 70.2
女子 28 25 89.2
二段 男子 33 21 63.6 61 37 60.7
女子 28 16 57.1
三段 男子 17 11 64.7 25 16 64
女子 8 5 62.5
全      体 170 112 65.9

★全般
 昨年と比較して、初段と二段の合格率が下がりました。残念ながら落ちた人はこれから以下のことに気をつけて練習してください。
 @気剣体の一致した打突がしっかりできるようになること。竹刀を正しく振れていない人、左足の引きつけがおそい人がいました。
 A普段から大きく振りかぶった素振りをしっかり練習すること。竹刀を振り下ろして止めた直後には左足の引きつけが終了しているように心掛けること。
 B二段を受審する人は、打突の機会を確実に捉えて打てるように練習してください。その際に手打ちにならないように足を運んで打つこと。
 落ちた人は、全体的に基本の素振りを練習の時に十分やっていないように見受けられます。
★剣道形
 今回、初段で三名、二・三段で各一名の人が剣道形の審査で落ちました。剣道形の習得は実践に繋がるものです。しっかり練習して確実に覚えてほしいものです。指導者の皆さんも形の重要性を説いて、しっかり指導していただきますようお願いします。


平成18年7月9日(日) 級審査会結果  於三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合格率
1級 96 64 66.7
2級 85 82 96.5
3級 62 62 100
4級 51 51 100
5級 52 52 100
6級 20 20 100
合計 366 331 90.4

★全般
 @礼法ができていない子供達が多すぎます。立礼をしたらお互いに呼吸を合わせて3歩前へ進み、蹲踞して構えることを指導者はしっかり教えて下さい。
 A鍔迫り合いを正しくできない子供が多く見られました。
 B小手先の技に頼りすぎ、手打ちになっている子供が多く見られました。もっと基本打ちを多くやらせて、気剣体の打ちができるように指導して下さい。
★1級審査について
 @今回は基本打突がしっかり身に付いていない人が多すぎました。基本打ちと素振りを練習に多く取り入れて下さい。
 A打突後の左足の引きつけができていない人が多く見られました。左足の跳ね足、引きずり足の人は初段審査で合格できません。
 B普段の稽古で気剣体の一致した打突と大きく振りかぶった一拍子の打ちを身につけるようにして下さい


平成18年2月19日(日)南部地区3段以下審査会結果(横須賀剣道連盟のみの結果)

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 46 39 84.7 56 48 85.7
女子 10 9 90
二段 男子 17 12 70.5 23 15 65.2
女子 6 3 50
三段 男子 15 9 60 20 12 60
女子 5 3 60
全      体 99 75 75.8

平成18年1月15日(日) 級審査会結果  於三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合 格 率
1級 81 54 66.7
2級 39 30 76.9
3級 41 41 100
4級 23 23 100
5級 16 16 100
6級 12 12 100
合計 212 176 83.0

★1級審査について
 1級審査の技術的な基準は「基本的な打突動作が身に付いている」ことです。審査に落ちた人は以下のことに気をつけてこれからの練習に励んでください。
 @正しい間合い(一足一刀の間合い)から打突動作ができるようにすること。
 A構えたときに右腕の肘が伸びきっている人がいます。そう言う人は右手で打っているため竹刀が体の真ん中を通っていません。
 B竹刀操作の基本は大きく振りかぶって打つことです。その際には肩関節、肘、手首が有効に作用します。小さく振りかぶって打つ場合でも肩関節、肘、手首は連動した動作をします。肩関節が全く動かず、肘と手首だけで打っている人がいます。特に中学生にその傾向が見られます。肘と手首だけの打突は「打つ」ではなく、「当てる」「さわる」であり、「剣の理法」とは言えません。普段の練習で基本的な素振りを数多く、しっかりと実施してください。
 C有効打突は「気剣体の一致した」打突ができることです。動作の現象で言えば、「打った瞬間と右足の着床が一致する」ことです。それができていない人がいます。
★全般
 D礼をしてから3歩で開始線まで進みますが、それができない人が多すぎます。立ち会いの先生に前に出るように言われなければ、前に出ないようでは困ります。その人達は礼法が身に付いていないことを意味します。特に目立ったのは、初めて6級の審査を受ける子供達、初めて級審査を受ける中学生です。
★剣道形
 3歩前に出たときに一足一刀の間合いまで入っていない、打突部位に木刀の物打ち部が届いていない、動作がぎこちない等もう少し練習して欲しいと思う受審者が多く見られました。来月初段を受審する子供達にはしっかり剣道形を練習させてください。

 
以上、級審査を受審する子供達は皆真剣に一生懸命だと思います。審査する先生方も1人でも多く合格させたいと思って審査をしています。各支部の指導者は上記のことをしっかりと指導して欲しいと思います。(剣道連盟 理事長)


★第20回神奈川県東西対抗・母子対抗剣道大会結果
 日時:平成17年10月10日 午前9:30開始
 場所:神奈川県立武道館
 ○午前中母子剣道大会が行われました。
  ・母子チーム対抗試合(小学生の部)
   優 勝 山口明子・瑞希(大和支部)
   2  位 樋本仁美・勇杜(平塚支部)
   ※横須賀からは堀越優子・光溜チームが出場、2回戦惜敗
  ・母子チーム対抗試合(中学生の部)
   優 勝 戸塚佐和子・洸二郎((大和支部)
   2  位 冨田琴子・雄也(海老名支部)
 ○午後県下東西対抗試合が行われました。
   優 勝 西軍(横須賀を含む)   西軍:勝者数14、引き分け数8、総取得本数26本
                        東軍:勝者数13、引き分け数8、総取得本数28本
   例年になく接戦であり、大将戦で勝敗が決定しました。いい試合がたくさんありました。
   試合は、女子5段以上5名、男子5段10名、男子6段10名、男子7段10名が出場し、35人戦です。
   横須賀代表選手 女子:次鋒 貝塚みゆき、31将 渡辺正美
              男子5段:選出者なし
              男子6段:18将 千葉啓伸、16将 矢島 僚太
              男子7段:10将 千葉康宏、 6将 高原 正人
               以上、6名が横須賀代表選手として出場
  
選手の皆様、お疲れ様でした。今後も益々精進してください。


平成17年度横須賀剣道連盟審判講習会開催
日時:平成17年9月25日(日)  場所:南体育館
 
副会長小河先生の指導により講習会は内容の深い講習会となり、参加者は審判法と有効打突の基準をしっかりと学ばれたようです。内容のある講習会に講習生の先生方は満足されたようです。お疲れ様でした。
 今年度初めて横須賀剣道連盟の審判講習会を行事に加えました。その目的は「常日頃一生懸命剣道の稽古に励んでいる青少年のレベルを上げること、正しい剣道と打突技術を身につけること」を目的にしています。「審判が良くなれば試合内容が良くなる。試合内容が良くなれば剣道が良くなる。剣道が良くなればレベルはアップする」とよく言われます。日頃指導している青少年に正しい剣道を身につけさせるためには、各支部で指導に当たっている四段以上の先生方が審判法を正しく理解し、有効打突を正しく見極めることが出来なければなりません。第1回目の講習会は講師の先生を含めて47名の参加がありました。中学・高校を除いて37団体の支部がありますが、各支部の代表が2名ずつ参加しても、役員を入れたら80名は集まると予想していたのですが、予想を大きく下回りました。中には1人も参加していない支部もあるようです。参加していない支部は指導者としての自覚が足りないような気がしました。そのような支部の指導を受けている青少年はかわいそうだなと、思いました。今後も年度初めの伝達講習会を含め年2回は審判講習会を実施していきたいと考えています。各支部の指導責任者は先に述べた連盟の考えを理解していただき多くの講習生を出していただきますようお願いします。(横須賀剣道連盟理事長)

主任講師 小河 浄久 役 員 小林 一弘
講師 磯部 政博 鈴木  勉
会 計 三森 喜平
【参加者】
1 生方二三夫 12 沢谷 義男 23 上村 亘 33 梅沢 徳之
2 白井 春雄 13 亀井孝一郎 24 庄司 博義 34 谷 英雄
3 松瀬登芽夫 14 坂上 和弘 25 倉松 秀男 35 鈴木 則之
4 西盛 益男 15 内藤 和明 26 幡谷 益永 36 草間 浩
5 高橋 伸光 16 貝塚 昌通 27 庄司 光孝 37 鈴木 芳一
6 岩田  威 17 無津呂栄治 28 村岡 勝己 38 木村
7 佐野 廣喜 18 伊藤 順孝 29 蛭田 博行 39 橋本 慶子
8 森川 信幸 19 宮脇  誠 30 奥園  誠 40 入谷 清
9 緒形 喜正 20 伊藤 義美 31 友森 紀明 41 福本 建夫
10 會田 忠男 21 大坂 豊治 32 貝塚みゆき 42 山田 一夫
11 加茂田博文 22 庄堂  彰

★第49回神奈川県少年剣道選手権大会(平成17年9月19日:県立武道館
 【団体の部】 
優  勝  平 塚 市  28点
          
準優勝  横須賀市  25点
          
3  位  金沢区   20点
  監督:磯部政博
  礼(12才)の部      本田崇将(正栄館)        2回戦敗退
  正(13才)の部      千葉一輝(久里浜剣士会)    ベスト8位
  修(14才)の部      鈴木賢太郎(正栄館)       2回戦敗退
  智(15才)の部      千葉祐輔(久里浜剣士会)    2回戦敗退
  
剛(16才)の部    金野雄二(正栄館)      第3位
  信(17才)の部    松本 諭 (正栄館)     第3位
  心(18才)の部    小林朋洋(正栄館)      第3位
 
和(19才)の部     寒河江祐貴(三浦友愛会)   準優勝
  道(青年)の部       宮川覚次(久里浜剣士会)   3回戦敗退
  
誠(中学女子)の部  小林千尋(正栄館)       第3位
 
敬(高校女子)の部  井尻麻祐子(正栄館)      優 勝
  貞(一般女子)の部    吉田真琴(防衛大)        2回戦敗退
  
選手は全員よく頑張ってくれました。今回は中学生の活躍があまり目立ちませんでした。今後の精進を期待します。(理事長)


南部地区三段以下審査会 平成17年8月14日 北体育館 (横須賀剣道連盟の結果)

受審者数 合格者数 合格率 受審者数 合格者数 合格率
初段 男子 85 61 71.8 121 90 74.4
女子 36 29 80.6
二段 男子 46 32 69.6 63 45 71.4
女子 17 13 76.5
三段 男子 27 17 63.0 39 22 56.4
女子 12 5 41.7
全      体 223 157 70.4

日本剣道形の審査において初段及び3段でそれぞれ1名ずつ不合格者が出ました。難しい実技試験を合格したのですから日本剣道形もしっかり覚えてもらいたいと思います。


★第28回神奈川県剣道錬成大会(平成17年8月7日:県立武道館)
 
横須賀チーム優勝おめでとうございます。選手の皆さんご苦労様でした。(*^_^*)
  監督:鈴木勉

代表選手

先鋒(小) 次鋒(小) 中堅(中) 副将(中) 大将(高)
山本知樹(久里浜剣士会) 高橋理沙(陽武館) 鈴木健太郎(大津中) 石戸あずさ(正栄館) 松本諭(正栄館)

第34回小学生剣道大会結果(平成17年7月31日:南体育館)

試 合 別 優  勝 準 優 勝 3  位 3  位
小学1年女子の部 杉浦比菜(楠) 我妻優紀(友) 今岡朝子(友) 深澤萌(か)
小学2年女子の部 北本真悠(友) 佐藤奈々美(友) 菅野玲奈(愛) 久保葉月(三)
小学3年女子の部 堀田早紀(士) 榎本響香(友) 田口純花(友) 戸室朋子(北)
小学4年女子の部 金子佑紀(双) 長門知佳(陽) 熊谷恵実(幸) 岡田千広(陽)
小学5年女子の部 伊東真衣(楠) 杉浦菜月(楠) 北本亜衣(友) 堀越光留(正)
小学6年女子の部 佐々木留利(正) 庄司彩乃(三) 郡司花恵(楠) 三富日花里(三)
小学1年男子の部 杉本航輝(正) 関口萠杜(友) 松本航大(士) 岩永一恵(士)
小学2年男子の部 齋藤拓仁(士) 戸田大貴(大塚) 丸山俊平(正) 丸山大輔(愛)
小学3年男子の部 丸山真輝(愛) 猪瀬翔太(幸) 岩井童尚(三) 佐々木恵佑(正)
小学4年男子の部 益岡航洋(友) 今岡智彦(友) 我妻孝樹(友) 貝塚泰紀(友)
小学5年男子の部 鈴木弘二郎(正) 石田雅延(愛) 戸室卓也(北) 仲吉朝基(愛)
小学6年男子の部 早川純平(友) 石渡雄太(正) 森智洋(逗) 荒井直樹(正)

上位入賞された皆さんおめでとうございます。気温が30度を超える暑い日でしたが、小学生の選手は出場者全員が元気な掛け声で頑張っていました。これからも元気で頑張ってください。(横須賀剣道連盟理事長)


第12回年代別剣道大会結果(平成17年7月31日:南体育館)

年  代 優  勝 準 優 勝 3  位
18歳〜30歳未満 宮川覚次(士) 渡辺雄太(愛) 丸尾智昌(自)
30歳〜40歳未満 千葉啓伸(士) 榎本真一(友) 庄司光孝(三)
40歳〜50歳未満 奈須弘悦(防) 西口晃(士) 梁地雅光(自)
50歳〜65歳未満 厚地栄(陽) 板垣好彦(尚) 島崎昇(三)
65歳以上 三森喜平(正) 西盛益男(正) 岩田威(二)

平成17年7月10日 級審査会結果 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合 格 率
1級 107 74 69.2
2級 66 58 87.9
3級 66 66 100
4級 65 64 98.5
5級 36 36 100
6級 32 32 100
合計 372 330 88.7

※1級審査で4名が剣道形で不合格でした。次回は剣道形だけの受審となります。
※指導者の方へのお願い
 子供たちは真剣に級審査に取り組んでいます。審査員の先生方もできれば全員合格させたいのですが、それぞれの級に相応した技術が身に付いていなければ合格点はやれません。本人の受審したい気持ちを重視するのではなく、指導者としての立場から判断して受審させるようにしてください。そうでないと不合格になった子供たちがかわいそうです。また、1級の剣道形での不合格者がでたのは今回が初めてです。しっかり指導していただくことを希望します。


☆関東高等学校剣道大会結果(H17.6.4・5、群馬)
 女子個人戦優勝 井尻麻祐子(正栄館)
 女子団体戦 優勝橘高校 大将井尻麻祐子
 おめでとうございます。


平成17年前期称号・昇段審査合格者
【教士称号】千葉康宏、厚地栄、佐野廣喜(全員17.5.6)
【錬士】宮脇誠(17.5.6)
【七段】最上明(17.4.30)、岩田威(17.5.14)
【五段】米澤正義(九里士)、梅澤徳之(三田村)、鈴木則之(かもめ)、木村稔(陽武館)、草間浩(無双館)(全員17.5.29)
おめでとうございます。


1 級審査会 平成17年1月16日 三浦潮風アリーナ

受審者数 合格者数 合 格 率
1級 95 62 65.3%
2級 47 46 97.9%
3級 33 32 97.0%
4級 32 32 100%
5級 33 33 100%
6級 23 23 100%
合計 263 228 86.7%

2 南部地区(鎌倉支部含む)三段以下審査会 平成17年2月20日 北体育館

受審者数 合格者数 合格率
初段 78 69 88.5%
二段 68 53 77.9%
三段 35 21 60%
合計 181 143 79.0%

TOPページに戻る